自動車保険の見直し

自動車保険の見直しポイントと最安値

 

★自動車保険の見直しを行うと保険料を下げる事も可能!

 

自動車保険の見直しを行うなら

 

手間はかからないか?

基本的に最短5分で、簡単に

 

用意するモノ
  • 免許証
  • 車検証
  • 保険証券

上記の3つを準備する必要があります。

 

どのように保険料が分かるのか

見積もり結果は、WEB上で確認、メールで悪人、郵送で確認できます。送られてた保険会社の保険料を比較して、直接、保険会社との契約になります。

 

自動車保険の見直しを行うときのポイント

 

自動車保険の見直しを行うと、簡単5分の入力で一括で最安値の保険料の自動車保険を見つけることが出来ます。

 

しかし、ネット通販、ダイレクト型のような自分で保障内容を選ぶ場合は、自動車保険の見直しのポイントを押さえておく必要があります。

 

 

まずは、補償内容に不足がないかをチェック

 

どうせ同じ保障内容なら、少しでも自動車保険の保障内容を節約したいという人は多いのではないかと思います。

 

しかし、安くてお得な自動車保険を選んだとしても、もしもの時に役に立たないと意味がありません。その為、イザと言うときに使えるように、どのような補償が必要かを考えます。

 

 

自動車保険に入る目的

 

自動車保険に加入する目的は、もしもの事故に備えて加入すると思います。その為、節約を考える前に、まずは、必要な補償が不足していないかを確認しておく必要があります。

 

 

見直し時に外す事が出来ない補償

 

対人補償・対物補償
怪我の補償

 

 

対人補償・対物補償は「無制限」

自動車保険に加入する場合には、一番大切になる補償は、対人、対物の保障です。

 

自動車保険に加入する場合には、事故を起こして相手に怪我を与えた場合や、相手の自動車などのモノを壊した場合などに補償する必要があります。

 

最近では、事故を起こした場合の賠償というのは高額になる事があります。対人も対物も損害賠償請求額が億単位の請求になるケースも珍しくないので、保険会社からの保障額では足りずに、足りない部分については保険会社の示談代行サービスも受けられないケースがあります。

 

そうなると相手との示談交渉は自分で行う必要があるので特に注意する必要があります。その為、対物、対人の補償については「無制限」を選択するべきです。

 

 

対人補償と対物補償は保障内容を削ってもあまり保険料は安くならない

自動車保険の対人補償と対物補償は、無制限がオススメですが、例えば、無制限を1億円にした場合を考えても、保険料が安くなるのは、数百円から千円程度しか安くなりません。

 

このように、もしもの時の補償を考えると、対して保険料は安くならないので、もしもの時を考えた補償として対人補償と対物補償は無制限がオススメです。

 

 

 

怪我の補償

自動車事故を起こして自動車保険の補償を使うときには、怪我をしている可能性が高いです。そのような時には、治療費というのは思った以上に経済的に負担が大きくなる可能性があります。その為、人身傷害補償は外せないです。

 

まだ、怪我の為の人身傷害補償を付けていない人は、自損事故や無保険の車との事故も想定して、最低限の補償は付けておくのがオススメです。もしもの時の医療費と人身傷害補償の保険料を比較するとオススメな補償です。

 

 

以上の保障は最低限、しっかりと付けておく必要があります。

 

一括見積を行う前に保険料を安くするためのポイント

必要な自動車保険の補償内容をチェックした後は、まずは、誰が自動車を運転するのかを確認します。

 

保険料を節約する為に大切なポイント

運転する人を限定して保険料の節約

もしも、自動車の運転が、お父さんだけ、など決まっているような場合には、運転する人の範囲を指定すると、保険料を安くする事が出来ます。これを「運転者限定条件」と言います。

 

「運転者限定条件」の種類

運転者限定条件を追加する事によって、保険料を安くする事が出来ます。具体的な条件は下記のようなケースがあります。

  1. 限定条件なし
  2. 家族のみ限定
  3. 夫婦のみ限定
  4. 本人のみ限定

上記は、保険料が高い順番で紹介しています。基本的に補償対象の人が減ると保険料を安くする事が出来ます。

 

自動車保険に最初に契約したときには、何も意識せずに「限定条件なし」になっている場合もあります。また、契約時には友人や家族も運転することもあったが、時間の経過とともに自分だけが運転するようになった場合には、ぜひとも「運転者限定条件」で、不要な補償を外すと良いです。

 

 

年齢条件で保険料を安くする

自動車保険会社の多くでは、「年齢条件」というのがあります。

  • 全ての年齢が対象
  • 21歳以上限定
  • 26歳以上限定
  • 30歳以上限定
  • 35歳以上限定
  • 1歳刻み

保険会社によって年齢の条件は違いがあります。30歳以上など、ある程度の年齢になったら、年齢条件を加えれば保険料を安くする事が出来ます。

 

 

 

自動車の利用条件を絞って保険料の節約

車を何に使うのかによっても補償額が変わってきます。

 

  • 仕事で使う
  • 通勤や通学に使用する
  • 週末のレジャーや近隣への買い物

 

このように、何に自動車を利用するのか車の使用状況によっては、保険料が割安になる場合もあります。

 

 

年間走行距離で保険料を安くする

リスク細分型の自動車保険の場合には、年間の予定走行距離などによって保険料が変わる場合があります。
もしも、年間走行距離が少ない人の場合には、走行距離の割引がある保険会社を選ぶのが圧倒的に有利です。

 

走行距離の分類は、

  • 12000km未満か12000km以上
  • 3000km、4000km、5000km、6000km

と言ったような感じに保険会社によって、走行距離が細かく分けられている場合があります。

 

このような場合は、走行距離が短い方が断然に有利です。

 

 

等級での割引

自動車保険には「等級」があります。基本的に20等級が最大であると言われています。しかし、保険会社によっては、22等級と言ったようにさらに上の等級がある場合には、もしも、事故を起こした場合でも、割引率が減る割合が緩やかになると言ったようなメリットがあります。

 

 

優良ドライバー割引

優良ドライバー割引とは、例えば、前年度の等級が20等級で、事故を起こしていない場合には、保険料の割引を受けることが出来る場合があります。

 

 

ゴールド免許割引

自動車保険によっては、「ゴールド免許割引」と言った割引がある場合があります。ゴールド免許割引は、契約する自動車を最も運転する人である記名被保険者が契約時点でゴールド免許の場合に保険料が数パーセントが安くなる場合があります。割引率は保険会社によって違います。

 

 

自動車を2台以上持っている場合の割引

自動車を2台以上持っている人の場合には、保険料の節約を受ける事が出来ます。

 

「セカンドカー割引」、「複数所有新規割引」

自動車を2台以上持っている場合には、保険会社によって名称が違いますが、「セカンドカー割引」や「複数所有新規割引」などのような割引があります。

 

具体的には、1台目の自動車での契約が11等級以上の人が、2台目の自動車の保険に加入すると適用される割引です。この補償のお得な点は、自動車保険は通常6等級からスタートです。しかし、2台目という事で、7等級からの開始になり、等級割引も受けられます。

 

自動車の所有者については、保険会社によっては、本人はもちろんですが、同居している家族でも良い場合もあるので、2台目の契約の場合は要チェックです。

 

複数契約割引

複数契約割引も2台目を所有する時に保険料がお得になる補償で、保険会社によっては「マルチオーナーシップ割引」とも言われます。

 

具体的な内容としては、1台目の保険に加入している同じ保険会社で2台目の加入を行った場合に、2台目の保険料が10%前後割引になる保障です。

 

また、1台目の自動車の保険を継続した場合は、継続したときの保険料が10%前後割引を受けることが出来る場合があります。

 

もしも、2台の自動車を所持している場合には、同じ保険会社にするのがオススメです。

 

 

ABS割引

ABS割引は、急ブレーキをかけた時に、電子制御で、横滑りを防ぐ装置です。最近では、ABS装置が付いている自動車が多いと思いますが、この装置が付いていると割引を受けることができます。

 

 

エアバッグ割引

エアバッグは、運転席、助手席など、事故があった時に車に乗っている人を守る装置です。このようなエアバッグが付いている場合には、エアバッグ割引が付いている保険を選ぶと保険料が安くなります。

 

 

安全ボディ割引

自動車にも色々な種類がありますが、安全基準を満たしたボディーに乗っている場合に適用される割引です。

 

 

エコカー割引

エコカー割引は、低公害車割引や環境対策車割引など、保険会社によって色々な名称で言われています。低燃費であったり、ハイブリッド車、電気自動車などの環境に配慮して作られている自動車に適用される割引です。

 

 

新車割引

新車割引は、名前の通り、基本的に新車に適用される割引ですが、詳しく見ると初年度登録から25ヶ月以内の自動車に適用される割引となっています。名称が新車となっていますが、初年度登録から25ヶ月以内であれば中古車でも割引を受ける事が出来ます。

 

 

耐損傷性・修理性割引

耐損傷性・修理性割引は、衝突実験などで、耐損傷性、修理性に優れていると認められている自動車に適用される割引です。

 

 

ステーションワゴン割引

ステーションワゴンであるミニバン、ワンボックス、RVなどの自動車の場合に適用される割引です。

 

 

福祉車両割引

福祉車両割引は、福祉車両と認められると適用される割引です。

 

 

くりこし割引

くりこし割引は、前年度の自動車保険の契約時に申告した年間の走行距離が、申告距離よりも短い場合に、翌年度の保険料の割引が行われます。

 

 

インターネット割引

インターネット割引は、自動車保険の申し込みをインターネット経由で行い、保険契約が完了した場合に適用される割引です。

 

 

早期契約・早期継続

自動車保険に早く加入したり、継続加入した場合に適用される割引制度です。基本的に満期日の45日前などの日にちが決まっており早めに契約をすると保険料が安くなります。

 

 

 

一括見積を行い、最安値の自動車保険を見つける

  • 対物補償を無制限にする(事故の相手への支払い)
  • 対人補償を無制限にする(事故の相手への支払い)
  • 運転する人は誰か確認(自分だけ、家族、家族以外など)
  • マイカーの利用(週末の買い物やたまの旅行、通勤、通学、仕事)
  • 1年間の走行距離

このような補償内容は、前もって決めておきます。

 

実際に一括見積を行う時に必要な物・用意するモノ

自動車保険の一括見積を行う場合には、前もって準備しておくべきモノがあります。

  • 運転免許証
  • 自動車の車検証
  • 加入済みの自動車保険の保険証券

この3つは、一括見積を行う時に必要になります。

 

 

一括見積後の結果、保険料を知る

見積もり結果は、保険会社によって変わります。

  • 管理画面
  • メール
  • 郵送

このように3つの方法で保険料を知ることが出来ます。管理画面で一覧で見れたり、メールでの保険料通知は、必要事項を入力後スグにであったり、少し待てばチェックできます。メールの場合は、返信が遅い場合もあります。

 

また、郵送の場合には、多少の時間はかかるので、自動車保険の更新日がまじかな場合には間に合わない場合もあります。

 

 

保険料の違いにビックリ

自動車保険の保険料の通知を見るとビックリです。保険料だけを見ると思った以上に保障内容に違いがあて驚きます。1万円以上の差は余裕であります。

 

とは言っても、保険料が安かった、と言うだけで自動車保険を選んではいけません。その理由は、同じような特約であっても、サービス内容に微妙な違いがあります。値段だけではなく、補償内容もジックリと確認しておく必要があります。

 

 

もっと保険料を安くしたい!?【車両保険の見直し】

保険料をなんとかして安くしたい人の場合には、何か方法はないのかと言った場合に参考になる情報を紹介します。

 

車両保険の見直しで保険料を安くできる

少しでも保険料を安くしたい場合には、あまりオススメではないのですが、”車両保険”の見直しを行うと保険料を安く出来ます。

 

車両保険は、基本的にほとんどの事故をカバーすることができる”一般車両保険”を選択している人が多いと思います。これを車対車の事故に補償を限定した”エコノミー車両保険”に変えることで保険料が大きく節約することが出来ます。

 

車両保険の種類
  • 上級タイプ
  • 一般タイプ
  • エコノミータイプ

車両保険の種類には、上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプのような3種類があるのが主流です。保険料の視点で簡単に説明すると上級タイプは保険料が高い、一般タイプは普通、エコノミータイプは安いと言ったように分類する事が出来ます。つまり、車両保険が高いと感じた場合には、安い車両保険にすると良いです。

 

車両保険の免責金額を調整する

車両保険には、事故を起こした場合に自己負担する金額としての免責金額の設定があります。自己負担する金額が少ないと保障が充実するので保険料も高くなります。逆に、免責金額を高く設定する事で、保険料を下げることが出来ます。

 

免責金額の例

車両保険には、免責金額の設定があります。例えば下記のような免責金額があります。

  1. 1回目の自己負担ゼロ円⇒2回目の自己負担10万円(免責金額ゼロ円の特約)
  2. 1回目の自己負担5円⇒2回目の自己負担10万円
  3. 1回目の自己負担10円⇒2回目の自己負担10万円

上記の場合は、自己負担額が少ない場合は、保険料も高くなります。

 

車両保険を外す

古い自動車の場合には、自動車の評価額が少なくなります。評価額が低い場合には、思い切って車両保険を外すというのも1つの手段です。

 

私は10万キロを超えたら車両保険はつけません。事故をした場合は、新しい自動車に買い替えます。そのような場合は、車両保険は必要なくなります。保険料を節約したい場合は、このような検討も必要になります。

 

 

盗難防止装置「イモビライザー」で保険料の割引

自動車の盗難は、月に500件以上あるとも言われています。この自動車の盗難を防ぐ装置がイモビライザーです。このイモビライザーの性能の向上に伴い、自動車保険の割引を受けることが出来る場合があります。

 

イモビライザーが付いている場合の車両保険の割引は、「イモビライザー割引」や「盗難防止装置割引」などの名称と言ったように、保険会社によって色々です。

 

イモビライザー以外の割引対象の装置

イモビライザー以外にも「GPS追尾システム」や「異常通報システム」などの装置を付けていると割引が行われる場合があります。このような装置を付けている場合は、保険料を安くすくなる可能性もあります。

 

 

保険料の節約をする方法【まとめ】

以上のように、自動車保険の保険料の見直しを行う時に準備するモノ、保険料を安くする方法を紹介しました。

 

保険料を少しでも安くしたい場合には、不要な補償を削っていくことが重要です。

 

しかし、保険料の節約のみに目を奪われて、補償が足りていないって事になると意味がありません。

 

まずは、必要な補償額を決めて、その上で、不要な補償内容を決めて、複数の保険会社の一括見積をするのがオススメです。