訪問型 保険無料相談のデメリットと注意点

訪問型の保険無料相談のデメリット・注意点

 

訪問型の保険無料相談サービスにも、デメリットと注意点というモノが存在します。このようなデメリットや注意点というのは、サービスを提供している会社のホームページでは、あまり紹介される事がないので、ここで紹介しておきたいと思います。

 

訪問型の保険無料相談のサービスを利用する場合には、メリットや利点については自然と目に入ってきますが、デメリットや注意点についても、しっかりと認識しておくとのがオススメです。また、デメリットや注意点を克服する対処方法も紹介しておきますので参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

訪問型の保険無料相談サービスのデメリットと注意点の内容とは?

 

訪問型の保険無料相談サービスのデメリット、注意点としては、
・自宅に知らない人が来る
・強引な勧誘をされたら断りにくい
・販売手数料が高い保険を勧められる可能性がある
・お目当ての保険商品を取り扱っていない場合がある
・ファイナンシャルプランナーとの相性が合わない場合がある
などのような事柄があげられるのではないかと思います。
それぞれの内容については、下記にて詳しく克服、対処方法についても紹介しておきますので、「訪問型の保険無料相談はちょっと・・・」と思っている人も心配な事を無くして安心してサービスを利用できるようになるかと思います。

 

 

 

 

自宅に知らない人が来る

 

訪問型の保険無料相談は、自宅まで保険の専門家であるファイナンシャルプランナーが来てくれると言ったメリットがありますが、これは考え方によっては、知らない人が自宅に来るというデメリットと成ってしまいます。これは、特に1人暮らしの女性の場合は、自宅に知らない人が来るというのは不安に感じる人もいると思います。

 

このような場合には、ファミリーレストランなどの多くの人が要るところに行って相談するという方法がオススメです。実際に、訪問型の保険の無料相談を利用したいが自宅まで来られるのは嫌だという人の多くがファミリーレストランを利用しているようです。

 

また、それ以外にも喫茶店、会社の会議室など、周りに人はいるが、担当のファイナンシャルプランナーと2人でしっかりと話しが出来るところを選択すると言った方法もあります。

 

 

 

強引な勧誘をされたら断りにくい

 

もしも、自宅で、1人で保険の無料相談を行っていた場合には、相談相手のファイナンシャルプランナーに強引な保険の勧誘をされると、なかなか断りにくいものです。基本的に、そのような事をするファイナンシャルプランナーは、いないようです。

 

その理由は、訪問型の保険の無料相談は、あなたが申し込みをすると、提携しているファイナンシャルプランナーを紹介してくれるサービスとなっています。その為、強引な押し売りや勧誘をしていると、苦情が増えて、そのファイナンシャルプランナーはお客を紹介してもらえなくなるからです。

 

保険の無料相談を行う場合は、1回だけではなく、2回、3回と行うようなケースが多いです。この為、どうしても強引な勧誘が断りにくい場合には、次回の相談日を約束して次回に申し込むような感じにしておき、次回の相談日が来る前に担当者を変えてもらいましょう。

 

担当者の変更は、保険無料相談を申し込んだホームページに連絡すれば多くの場合はしてもらえるところが多いです。

 

 

 

販売手数料が高い保険を勧められる可能性がある

 

保険の無料相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーの多くが、保険に加入してもらった場合の販売手数料などで生計を立てています。その為、販売手数料の高い保険を勧めているのではないか?と疑い出したらきりがありません。

 

「保険選びは人選び」と言われるぐらいに、保険は、どの保険を選ぶかよりも、誰から加入するのかと言った点が大切になります。このように、信頼のおける人を見つけて加入するのがオススメです。保険は、30歳で加入したとして、80歳まで生きたら、50年の付き合いになります。

 

それだけ長い付き合いになる商品ですので、この人にだったら、騙されても仕方が無いと思えるような信頼の出来る人から加入するのがオススメです。その為には、出来れば、何人かのファイナンシャルプランナーに相談するというのがオススメです。その中で一番信用が出来る人を選ぶのがオススメです。

 

また、3000円程度の有料ですが、保険のセカンドオピニオンサービスを行なっている所もあります。そこに持ち込んで、勧められた保険プランのチェックをしてもらうと言った方法もあります。

 

 

 

お目当ての保険商品を取り扱っていない場合がある

 

訪問型の保険無料相談の場合、多くが、ファイナンシャルプランナーの紹介を行なうサービスをしています。この為、紹介されたファイナンシャルプランナーは別の会社に所属している事が多いです。このような契約形態に成っている為、お目当ての保険商品があったのに、その保険商品を取り扱っていないファイナンシャルプランナーが、あなたの担当になる可能性があります。

 

これは、保険無料相談の申し込みの時に、前もって、お目当ての保険商品を具体的に説明しておきましょう。そして、その保険商品の取扱が可能なファイナンシャルプランナーを担当にしてもらえるように依頼しておくのがオススメです。これは、ファイナンシャルプランナーの指定が出来ないところに保険の無料相談を申し込む場合も、はじまから諦めないで、念のために言っておくのがオススメです。

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーとの相性が合わない場合がある

 

訪問型の保険無料相談サービスを利用した事がある人の感想や口コミ、レビューなどを聞いたり見たりしていると、多くの人は満足しているようですが、まれに不満足を感じている人の中には、ファイナンシャルプランナーとの相性が合わなかったと言っている人がいます。

 

これは、どうしても仕方が無い部分ではないかと思います。人それぞれ好みがあるように、どうしても合わない人という人はいるものです。そのような場合は、担当者を変えてもらえるようにお願いするのがオススメです。

 

お願いするのは、ファイナンシャルプランナーに直接言うのではなく、保険の無料相談を申し込んだホームページに連絡すれば良いので、連絡しやすいです。相性が悪い場合には、あなただけではなく、担当のファイナンシャルプランナーにとっても辛いと思いますので、お互いの為に担当者を変えてもらうというのがオススメです。

 

 

 

 

保険無料相談の相談先ランキング


保険マンモス

保険マンモスの画像

保険マンモスは、自宅や喫茶店などに保険の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)が訪問してくる形式のサービスを提供しています。特に、顧客満足度が96%と非常に高く口コミで広まったという特徴があります。それだけ、ファイナンシャルプランナー(FP)の経験、能力、接客力などが優れていると言えます。

⇒ ⇒ ⇒ 詳細説明ページはコチラ
MONEYMO(マネモ)

マネモの画像

MONEYMO(マネモ)は、保険ショップと言った店舗型と訪問型のファイナンシャルプランナー(FP)のつの方法で保険の無料相談ができるようになっています。また、保険ショップは提携先の店舗数が多く380店舗以上、ファイナンシャルプランナー(FP)の登録数も多いのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 詳細説明ページはコチラ
みつばち保険ファーム

みつばち保険ファームの画像

みつばち保険ファームは、日本全国に自社で140店舗以上の保険ショップで保険無料相談を展開しています。お店の作りが特徴的で、女性や子供に好かれるような可愛らしく親しみのある店舗となっています。担当者の性別や年代の指定が出来たり、途中での交代もOKとなっています。また、キッズスペースが設けられている点もが多いので小さなお子さんがいる家庭に人気があるよです。
                            ⇒ ⇒ ⇒ 詳細説明ページはコチラ

メニュー

保険相談の種類とメリット・デメリット

生命保険の基本情報

保険の無料相談一覧